芸能文春

Read Article

奥菜恵、パンサー尾形とのキスシーンに「う〜ん…」と苦笑 尾形は「やったぞー」と大喜び

                   広告

フジテレビの昼ドラ「碧(あお)の海」(30日スタート、月〜金13:30)の制作発表会が行われ、主演の奥菜恵らが出席しました。

okina2【以下引用】

フジテレビ系昼ドラマ「碧(あお)の海」(30日スタート、月~金曜後1・30)の制作発表が20日、都内で行われ、主演の奥菜恵(34)らが出席した。

沖縄を舞台に、奥菜演じる舞と徳山秀典(32)演じる初恋の相手、航太が再会し、愛憎劇が展開。ドラマ主演は8年ぶりの奥菜は「不安はあったが楽しく撮影 してます」と笑顔。お笑いトリオ「パンサー」尾形貴弘(37)とのキスシーンにも挑戦。感触を聞かれ「う~ん…」と苦笑した。

NMB48城恵理子(15)、「ジュノンスーパーボーイコンテスト」12年グランプリの犬飼貴丈(あつひろ、20)も出演する。

パンサー・尾形は奥菜恵とのキスシーンに大喜び

ogata奥菜恵がパンサー・尾形とのキスシーンに「う〜ん…」と苦笑したのに対して、尾形は大喜び。

制作発表でも「ど〜も、ど〜も」とかなりテンション高めな尾形。奥菜とのキスに対しても「奥菜恵さんとキスシーンありました。やったぞー、ごちそうさまでした」とニヤリ。拳を天につきあげてみせました。

                   広告

キスシーンの撮影前日から歯を磨きすぎて、歯がなくなるんじゃないくらい磨いていたそうです。「奥菜さんごちそうさまでした」の発言に奥菜は顔を真っ赤にしていたそうです。

NG連発が希望だったそうですが、なんとNGなしで一発OKだったそうです。

俳優デビューの尾形は撮影初日に「声がデカイ!コントじゃないんだから!」と叱られるなど苦労が絶えないようですが、「これを機に俳優になってやろう」とかなり頑張っているようです。

碧(あお)の海

13:30からの枠のフジテレビ系の昼ドラ。6月30日からスタートです。

碧(あお)の海は沖縄で出会った少年と少女の15年の初恋を描いたラブストーリー。

社長令嬢の小館舞は本当の母親を探すために一人で沖縄に旅行に来ていました。そこで知り合ったのが民宿の息子、新垣航太。2人はいつしかかけがえのない存在になっていきますが、親たちが抱えていたある秘密が2人を引き離すことに…

引き裂かれた2人は大人になって再会を果たします

主演、小館舞に奥菜恵。最近は舞台を中心に活躍していたのでテレビドラマはかなりお久しぶりです。新垣航太役に徳山秀典。

第一部では小館舞をNMB48の城恵理子、新垣航太を犬飼貴丈(『第25回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』グランプリ受賞)が演じます。

パンサー・尾形の役どころは舞に思いを寄せる婚約者の高峯圭吾役です。

このドラマの制作には吉本興業が参加しており、パンサー・尾形のほか、板尾創路、木村祐一、エド・はるみらお笑い芸人が出演しています。

お笑い好きの私としてはとても楽しみですね。

このドラマでは沖縄の美しい海がたくさん見れるのもオススメポイントですね。

                   広告

シェアして教える

 

このことについてはあなたはどう思う??

*

Facebookでコメント

Return Top